製品ダウンロード

RICOH Desk Navi ダウンロード

半年間無料

ソフトウェアは右の「ダウンロードする」から入手いただけます。製品をご購入いただいたお客様もこちらからダウンロードをお願いします。ソフトウェアはダウンロード版のみのご提供となります。メディアでのご提供はありません。

注意事項

お客様でお使いの機種によってはご利用できない場合があります。
必ずこちらの対応機種一覧をご確認いただくようお願いいたします。
ダウンロードされる前にお読みください 。

基本情報

開く

インストーラー

[ファイル名]

 Installer_RICOH_Desk_Navi.exe

[ファイルサイズ]

 32MByte

[登録日]

 2022年 06月 24日

[転載条件]

 転載禁止

[著作権者]

 (株)リコー


Desk Navi パッケージ V13.7.0.0

[ファイルサイズ]

 579MByte

[登録日]

 2022年 06月 24日

[転載条件]

 転載禁止

[著作権者]

 (株)リコー

ダウンロードにあたって

開く

ダウンロードの際にユーザー登録が必要です。登録いただいたEメールアドレスにダウンロード先のURLが記載されたメールが届きます。

このメールアドレスは、製品のサポートに関する重要なお知らせのご連絡先として今後も使用させていただきますので、継続してご使用いただくメールアドレスを申請ください。

インストール方法

開く

(1) ダウンロードしたファイル Installer_RICOH_Desk_Navi.exe を任意のディレクトリで実行します。

(2) 実行すると同じ場所にフォルダが作成され必要なプログラムを自己解凍後、インストールが開始されます。

(3) インストールが開始されると最新のDesk Naviパッケージを自動的にダウンロードし、インストールが行われます。


  • インストール方法の詳細を確認したい場合は以下を参照ください。
  • RICOH Desk Navi新規インストール手順は、 こちら

    Ridoc Desk Navigator旧製品をアップデートする手順は、 こちら

    動作環境・対応機種

    開く

    [動作環境]

     RICOH Desk Navi の動作環境はこちら のページを参照ください

    [対応機種]

     RICOH Desk Navi の対応機種はこちら のページを参照ください

    制限/注意事項

    開く
    • このプログラムは、無償で一定期間ご利用いただくことができます。(フリー版)
      プレミアム版にアップグレードすることで利用期間の制限を解除できます。
      フリー版の説明は こちら
      プレミアム版へのアップグレード手順はこちら
    • このプログラムは、旧製品がインストールされている場合、旧製品をアップデートします。
      Ridoc Desk Navigator旧製品をアップデートする手順は、 こちら のページを参照ください
      Ridoc Desk Navigator個人キャビネット以外の旧製品のデータを移行する手順は、 こちら のページを参照ください
      Ridoc Desk Navigator、Ridoc Functionパレット、Ridoc AutoDocument リンクが起動されていないことを確認してから、実行してください。
    • Desk Naviのインストールには、インターネット接続が必要です。PCがインターネットに接続できることを事前に確認してください。
    • Desk Naviをインストールするときは、起動しているすべてのアプリケーションを終了し、コンピューターに印刷中のジョブがないことを確認してください。
    • 英数字のみのログインユーザーにてインストールを実施してください。
    • V13.7.0.0以降のRICOH Desk Naviで作成したかんたんキャビネット、おしごとルームは、V13.6.0.0以前のRICOH Desk Naviでは動作保証されません。共有する場合は異なるリビジョンのRICOH Desk Naviが混在しないよう、全台をリビジョンアップしてください。
    • Ridoc Smart Navigatorを同居させる場合は、V1.3.1.0以降をお使い下さい。
    • Ridoc Smart Navigator と Ridoc GlobalScan の両方がインストールされている環境に、本製品はインストールできません。

    変更履歴

    開く

    [ V13.7.0.0 ]

    1. 動作環境の追加/変更

    • インストールに必要なプログラム領域が800MBから1,200MBに変更となりました。

    2. 仕様の追加/変更

    ●電子帳簿保存法向け機能の追加

    • ファイル型かんたんキャビネットに、電子帳簿保存法への対応で必要となるプロパティを追加しました。これらの拡張されたプロパティ使用するには、分類「電帳法」を指定します。従来のプロパティ情報は、分類「基本」として扱われます。
    • おしごとフローの「削除」に、ごみ箱に移動しないで削除するオプション「処理対象を完全に削除する」を追加しました。削除処理を多く使う場合にごみ箱が肥大化するのを防ぎます。

    ●RICOHクラウドファクス送信との連携

    • ファクス機器がなくてもファクス送信可能な「RICOHクラウドファクス送信」を利用してファクス送信が可能になりました。
      ※RICOHクラウドファクス送信の利用は別途契約が必要です。

    ●かんたんキャビネット

    • PC文書の上書き保存時にエラーとなった場合のメッセージを利用者にわかりやすい文言に変更しました。
    • ファイル型キャビネットの文書をビューアーで編集する場合、更新モードのまま上書き保存が可能になりました。

    ●監視/引き取り

    • 通知プログラムは、定期的にメモリ使用量が既定値を超えていないか確認し、超えていた場合は自動的に再起動します。

    ●ビルトイン機能

    • ファクス送信、クイックファクス送信時に、送信時に指定された用紙より原稿が大きい場合には縮小して送信するようにしました。
    • 印刷時のオプション「用紙より大きい場合、縮小する」が画像に加えてPDFでも有効になりました。

    ●画像/PDFビューアー

    • 図形の基本設定で、確定前の墨消しマークの透過度合の既定値を70%固定から0~100%で変更可にしました。ただし透過度合が適用されるのはPDFのみとなります。

    ●メール

    • Microsoft Exchange Serverを利用している場合、メールやフォルダーを操作した際にメールサーバーが混雑している場合のメッセージを利用者にわかりやすい文言に変更しました。
    • Gmailを使用する際の認証方式を基本認証からOAuth認証へ変更しました。

    3. 不具合の修正

    以下の不具合に対し、対策を実施しました。

    • ●メイン画面

      • タブを開く、タブを閉じる操作を複数回繰り返し実行するとDesk Naviが異常終了する場合がある。

      ●エクスプローラー

      • ショートカットのダブルクリックなどによる一覧エリアの変更時にDesk Naviが異常終了する場合がある。
      • かんたんキャビネットの文書/ファイル、おしごとルームのタスクを編集後、上書き保存を指示したとき、処理中に一時的にネットワーク断が発生すると、以下の現象が発生する場合がある。
        • 文書/ファイル/タスクの実ファイルが部分的に更新され、壊れてしまう。
        • 上書き保存は成功するが、後で対象の文書/ファイル/タスクにアクセスすると、その実ファイルが上書き保存前に戻ってしまう。
      • かんたんキャビネットのRidoc型キャビネット、Ridoc Smart Navigator文書管理サーバーおよび Ridoc Easy Sharingサービスにおいてドラッグ&ドロップによる文書結合を行った際に、設定([設定]-[エクスプローラー]-[文書結合/分解の動作])にかかわらず元文書削除確認のコンテキストメニューが表示される。

      ●かんたんキャビネット

      • キャビネット登録後にツリーエリアでそのキャビネットを開いたり、一覧エリアでそのキャビネットを開いたりする前にキャビネットのプロパティを表示すると「予期しないエラー」が発生する。
      • ドライブ直下(例えば D:\ など)をファイル型キャビネットの登録先フォルダーとして登録した場合、複数PCなどから同時にそのキャビネットに対し同期処理が行われると、同じファイル/フォルダーが複数登録される場合がある。
      • ドライブ直下(例えば D:\ など)をファイル型キャビネットの登録先フォルダーとして登録した場合、キャビネット以下にフォルダーやファイルが新規登録、修正、削除、または複製されても同期処理が行われない。
      • ファイル型キャビネットにおいて、あるフォルダー/ファイルのキャビネット内移動/名前変更/ごみ箱へ移動を行ったとき、同時にそのキャビネットに対し同期処理が行われると、そのフォルダー/ファイルが新規登録され、元のプロパティが失われる場合がある。
      • ファイル型キャビネットにおいて、更新モード中のビューアーで実ファイルに対する変更(例えば、図形を配置)とファイル名の変更を両方行ってから、閲覧モードに変更し上書保存を指示すると、操作は成功するが自動で行われるサムネイルデータや全文検索データの再作成が失敗する場合がある。
      • ファイル型キャビネットにおいて、Desk Naviが自動で行う同期処理中にPCをスリープさせると、他のPCで同期処理が行えなくなる場合がある。
      • Ridoc文書型キャビネットにおいて、文書の結合/分解を行ったとき、他が処理中だったり、メモリ不足などの原因で処理がエラーになると、結合元/分解元の実ファイルにアクセスするような操作(例えば、ビューアーで表示)を行うと予期しないエラー/削除されているかアクセス権がないエラーが発生するようになる。
      • かんたんキャビネットの文書/ファイルをコピー中に一時的にネットワーク断が発生すると、コピーは成功するが、その文書/ファイルのサムネイルデータがコピーされていない場合がある

      ●Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー / Ridoc Smart Navigator受信サーバー

      • 詳細検索画面で文書タイプを変更しても一部の検索項目のラベルが変更されない。

      ●ビルトイン機能/おしごとフロー

      • Desk Naviをインストールしたユーザーとは異なるユーザーでPCにログインし、Desk Navi のPDF変換を行うと作成されたPDFファイルに評価版を表すマークが出力される。
      • 3シート以上のExcelファイルを「まとめる単位:ページ単位」でPDF変換して作成したPDFファイルをAdobe AcrobatまたはAdobe Acrobat Reader で正常に開くことができない。
      • 「保存」を含むおしごとフローの実行に失敗した場合にエラーメッセージの先頭に「予期しないエラーが発生しました。」と表示される。
      • おしごとフローで、選択した文書と同じフォルダーに対して削除や保存を行うと画面の更新に失敗して同じ文書が複数表示されてしまうことがある。
      • クイックファクス送信(ファクス番号指定)が設定されたおしごとフローが以下の条件をすべて満たす場合に、おしごとフローを実行するとあて先確認画面が表示されない。
        • クイックファクス送信の前にまとめる単位が「すべてを1つに」のPDF変換または画像変換が設定されている。
        • クイックファクス送信の送信方法が「以下の指定で送信する」である。
        • 2つ以上の文書を選択しておしごとフローを実行する。

      ●画像/PDFビューアー

      • 複数ページのPDFで墨消しの確定を行うと、墨消しマークを付けたページ以外のすべてのページに確定された墨消しマークが付けられる場合がある。
      • スタンプを連続して押した際に処理中の状態のままになり操作ができなくなることがある。

      ●メール/タスクビューアー

      • Microsoft365のメールアカウントを追加する際に表示される「アカウントにサインイン」画面を右上の×ボタンで閉じると「予期しないエラー」が発生する。
      • 4つ以上の添付データがあるメールをビューアーまたは簡易ビューアーで表示した際に、添付データの表示領域にスクロールバーが表示されない。
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、小アイコン埋め込み添付データと文字列を同時に選択した状態で貼り付け処理を行うと小アイコン埋め込み添付データが残る。
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、範囲選択していない状態で文字列を貼り付けた後でその文字列を含む範囲を選択し文字装飾を変更すると貼り付けた文字列だけに文字装飾の変更が行われる。
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、改行のみの行を含む文字列を貼り付けると改行のみの行が消えたり連続する改行のみの行が一つになったりする。
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、新規作成し文字入力を行った後で文字列の間に別の文字列を貼り付けると貼り付ける文字列には改行が含まれていないのに改行してしまう。
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、表の列の幅を入力した後で再度「列の幅」画面を表示すると自動計算が選択されている。
      • タスク文書の更新モードで、箇条書き、番号付き段落を選択もしくは選択解除すると、閲覧モードにする際にタスク文書の内容を変更していないのに「タスクの保存」画面が表示される。
      • タスク文書を更新モードに変更している途中で何らかのエラーが発生するとエラーメッセージが表示されるが、エラーメッセージを閉じた後で閲覧モードに戻らず更新モードになる。
      • テキスト形式のメールの閲覧モードでメール本文中のメールアドレスハイパーリンクをクリックしてもメールビューアーが表示されない。
      • メールの添付データ一覧で以下の操作ができない。
        • Ctrlキーとマウスのクリックによる複数選択
        • Shiftキーによる複数選択後のドラッグ&ドロップでのコピー
        • Shiftキーによる複数選択後のコンテキストメニュー表示
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、本文中のWebURLおよびハイパーリンクのプロパティ画面のタイトルとショートカット名が正しく表示されない。
      • HTML形式のメールおよびタスク文書で、自動的に作成されたハイパーリンクの場合、ハイパーリンクを選択してメニューを表示するとメニューの「プロパティ」が半輝度となっていて選択できない。

      ●インストール

      • インストールの最後に再起動が必要と表示された際に「後で再起動する」を選択してインストールを終了した場合に通知プログラムが起動されてしまう。

      ●全体

      • エラーメッセージに表示する文字列に"{"、"}"、"\"が含まれていると予期しないエラーが発生する。
      • 以下の名前に丸囲み数字などの文字が含まれると、管理用のかんたんキャビネット/おしごとルーム/アカウントのデータベースが破損する。データベースが破損すると、既存のおしごとルームの登録追加時に必ずエラーになったり、かんたんキャビネット/おしごとルーム/アカウントにおいて更新操作を行うとエラーになる場合がある。
        • かんたんキャビネットのフォルダー/文書/ファイル/セクションの名前
        • おしごとルームのタスク/親タグ/子タグの名前
        • メールの件名
      • 処理中を表すインジケーターを表示している間、必要以上にCPU使用率が上昇する。

      [ V13.6.0.0 ]

      1. 動作環境の追加/変更

      • インストールに必要なプログラム領域が550MBから800MBに変更となりました。
      • 動作保証するOSとして、Windows Server 2022 Standardを追加します。
      • 動作保証するOSの、Windows 10 Home/Pro/Education/Enterpriseから以下を削除します。
        - May 2020 Update (Version 2004)

      2. 仕様の追加/変更

      ● かんたんキャビネット

      • ファイル型キャビネットにおいてRidoc GlobalScanから配信されたファイルを、書誌情報を引き継いだ文書として取り込み可能になりました。Ridoc Smart Directorと同様の機能となります。
        これによりペーパーレスファクス運用では送信元情報を取り込むことができるため、ファクス返信時にファクス番号を入力する必要がなくなります。

      ● Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー/受信サーバー

      • 他で更新中のため更新モードに移行できない場合に表示するメッセージを、原因と対処が分かりやすい文言に修正しました。

      ● メール

      • サーバーにあるメールを受信する範囲を過去日数指定で限定できるようにしました。
        ※これによりクライアントの使用ディスク容量は削減されますが、同期していないメールは検索対象になりません。

      ● 画像/PDFビューアー

      • ビューアー/簡単ビューアーを開いた際の表示倍率を設定できるようにしました。
      • ビューアーの更新モードで、メニュー「表示 > レイアウト > 墨消しプレビュー」を選択することにより墨消しプレビュー画面を非表示にすることができます。設定は記憶され次回ビューアー起動時にも反映されます。
      • 墨消し確定後の色を複数使い分けたい場合などのために、墨消しマークをユーザー登録図形として登録できるようにしました。
      • 訂正印など小さいサイズのスタンプに対応するため、日付印/文字印の最小サイズを10mmから5mmに変更します。

      ● ユーザーツールバー/ビルトイン機能/おしごとフロー

      • おしごとフローのマクロにおいて関数機能を追加し、指定文字列を抜き出すMATCH関数を追加します。

      ● 監視/引き取り

      • ドキュメントボックスのファクス蓄積受信文書を引き取る際の文書名に年月日時分秒を常に付与します。
      • 通知プログラムの履歴の選択行をCSV形式でクリップボードにコピーできるようになります。
      • 監視・引き取り処理が監視間隔内に処理が終わらなかった場合に通知プログラムの履歴に表示するメッセージをわかりやすい文言に修正しました。

      ● アドレス帳

      • ユーザーの編集画面のタイトルを修正しました。
      • 接続情報の選択画面で既存の接続情報を削除しようとしたときのメッセージをわかりやすい文言に修正しました。

      ● インストール

      • .NET Frameworkインストール時のエラーメッセージをわかりやすい文言に修正しました。

      ● その他

      • 1クリックで目的のキャビネットやフォルダーなどを開くことができる、新しいアプリ「お気に入り」を追加しました。
      • Desk Naviの設定をファイルに書き出し、別のPCや別のユーザーのDesk Naviの設定として取り込むためのツール、設定エクスポートツール・設定インポートツールを提供します。

      3. 性能改善

      以下の性能改善を実施しました。

      ● かんたんキャビネット

      • ファイル型キャビネットの同期処理を改善しました。
        特に更新されたファイル情報を知らせる仕組みのあるNASでは以下の処理が高速になります。
        • ツリーでのキャビネット/フォルダー展開
        • 一覧表示(詳細一覧/サムネイル一覧)
        • 引き取り/新着監視処理
      • 以下の操作を高速化しました。
        • 一覧表示(詳細一覧/サムネイル一覧)
        • ビューアー表示
        • 更新モードに切替
        • 上書保存して閲覧モードに切替
        • 新規登録/移動する機能「保存」を用いるおしごとフローの実行
        • ごみ箱を空にする
        • ごみ箱から文書を削除
      • 文書/セクション数の多いキャビネット登録の解除時間を高速化しました。新しく作成するキャビネットより適用されます。
      • 個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネットにおいて、全文検索データ最終更新日時/サムネイルデータ最終更新日時の無駄な更新処理を改善しました。

      ● PC文書

      • 以下の操作を高速化しました。
        特に操作対象のフォルダーの子ファイル/フォルダーの数や、操作対象のファイルの兄弟ファイル/フォルダーの数が多い場合に効果があります。
        • ツリーでのフォルダーの展開
        • 一覧表示(詳細一覧/サムネイル一覧の両方とも)
        • ビューアー表示
        • 更新モードに切替
        • 上書保存して閲覧モードに切替
        • 新規登録する機能「保存」を用いるおしごとフローの実行
        • 機能「削除」を用いるおしごとフローの実行
      • PC文書のサムネイル一覧表示の速度改善をしました。サムネイル表示の完了を待たずに操作できるようになります。

      ● Ridoc Easy Sharing サービス

      • フォルダー内の文書のプロパティの表示時間が、フォルダー内の文書数に比例して遅くなっていたのを改善しました。

      ● タスクビューアー

      • タスク文書のビューアー/簡単ビューアー表示、更新モードへの切り替え、閲覧モードへの切り替えの速度を改善しました。特にサムネイル埋め込みの添付データ数が多い場合に有効です。

      ● その他

      • おしごとフローの機能「保存」を高速化しました。
      • ビューアー起動速度を改善しました。
      • 連続して新しいタブを開く速度を高速化しました。
      • かんたんキャビネット/Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー/Ridoc Smart Navigator受信サーバーのサムネイル表示、埋め込み添付データのサムネイルがあるタスク文書について、表示速度を改善しました。

      4. 不具合の修正

      以下の不具合に対し、対策を実施しました。

      ● エクスプローラー

      • 操作しているPCの時計が共有フォルダー(かんたんキャビネット/おしごとルーム)を使用する他の機器と合っていない場合に発生していた以下の問題を修正しました。
        • 文書/タスク文書の作成日などの時刻を格納するプロパティの値がずれてしまう。
        • ファイル型キャビネットにおいて、前回同期処理を行ったPCと、同期処理後にDesk Navi外からファイルを更新したPCが異なっていると、前回同期処理後にそのファイルが更新されたとみなされず、再度同期が行われない場合がある。
        • ユーザーが更新モードに切り替えてから一定時間経つと、他のユーザーがその更新モードを解除できるはずだが、経過時間が正しく計算できず解除できない場合がある。

      ● かんたんキャビネット

      • Desk Navi終了時にファイル型キャビネットでサムネイル/全文検索の作成中だった場合、次回起動後も作成されない。
      • ファイル型キャビネットで以下の操作後などに、Windowsから対象ファイルを編集すると、サムネイルデータ/全文検索データが更新されない場合がある。
        • ビューアーで編集し、上書き保存。
        • ファイルのプロパティ画面で全文検索データの作成を指示。
        • ビルトイン機能やおしごとフローで新しいファイルを保存。
        • システムが行う同期処理。
      • ファイル型キャビネットで、Windowsからあるファイルを編集後、Desk Naviのファイルのプロパティ画面でサムネイルの作成を行っていても、その後の同期処理で再びサムネイル作成が行われる。
      • ファイル型キャビネットで、Desk Navi以外から書き込み作業中のファイルが登録されることがある。
      • ファイル型キャビネットで、Desk Navi以外から書き込み作業中のファイルを、他キャビネットにコピー/移動または、別の接続先へコピーできてしまう。
      • ファイル型キャビネットで、登録済のファイルに対しWindowsから編集を行った後、Desk Naviでそのファイルを編集せずプロパティのみ更新すると、その後行われる同期処理でWindowsから行った編集結果がキャビネットに反映されない。
      • 個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネットで以下の操作を実施した際、一時ファイルが削除されない場合がある。
        • ごみ箱に移動し、ごみ箱を空にする。
        • ごみ箱に移動し、ごみ箱から削除。
        • かんたんキャビネットの他のキャビネットに移動。

      ● PC文書

      • 任意のフォルダーを一覧表示した状態で、Windowsエクスプローラーからそのフォルダー内のファイルやフォルダーが追加または削除されると、Desk Naviが異常終了する場合がある。
      • PC文書上のファイルをビューアーで開き、更新モードに変更後プロパティ画面を開くと「他で使用されています。」になる。
      • Desk Navi以外から書き込み作業中のファイルをコピーできてしまう。
      • Desk Navi以外から書き込み作業中のファイルが新着通知の対象になってしまう。

      ● Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー / Ridoc Smart Navigator受信サーバー

      • 以下の操作を行ったとき、作成される一時ファイルが削除されない。
        • ごみ箱を空にする。
        • ごみ箱から文書を削除。
        • おしごとフローで削除。
        • 受信トレイの解除 (Ridoc Smart Navigator受信サーバーのみ)。

      ● Ridoc Easy Sharing サービス

      • ある文書のプロパティを表示後、別のDesk Naviからその文書のセクションの構成が変更されても、文書のセクション構成が反映されない。
      • サムネイル一覧でスクロールを繰り返していると「存在しない文書」という名前のサムネイルのない文書が表示される場合がある。

      ● メール

      • 「すべてのメール」一覧に、ごみ箱内のフォルダー以下にあるメールも表示され、未読メールの数に含まれてしまう。
      • Microsoft 365のアカウントにおいて、サーバーが混雑している場合に「予期しないエラーが返されました。2-01-0019」と表示される場合がある。
      • POP3サーバー以外のメールサーバーのアカウントを新しく追加時、通知プログラムで予期しないエラーが発生する場合がある。

      ● おしごとルーム

      • 更新モード中のタスク文書をごみ箱に移動したときのメッセージにタスク文書名でなく格納されているルーム名が表示される。

      ● 画像/PDFビューアー

      • 現在の表示倍率の変更のために新しい値を入力すると、新しい表示倍率として入力値より1少ない値が表示される場合がある。
      • PDF編集において、テキスト/コメント図形内に半角の¥記号を入力すると、入力中はそのまま表示されるが、入力を終えると\記号(バックスラッシュ)で表示される。
      • Windowsの「表示スケール」が100%より大きいとき、TIFFのページ一覧のサムネイルが小さく表示される。
      • スタンプパレットでスタンプを選択し、マウスポインターをページが表示されている領域に移動すると、Desk Naviが異常終了または、操作不能になる場合がある。

      ● メール/タスクビューアー

      • 本文のコンテキストメニューに以下の問題がある。
        • 簡単ビューアーやビューアーの閲覧モードにおいて、HTML形式のメールを表示時にコンテキストメニューを表示できない。
        • 表示されるべきでない「ファイル」の階層が表示される。
        • 右クリックした対象に応じた正しいメニュー項目が表示されていない。
      • メールの添付データ一覧のコンテキストメニューに以下の問題がある。
        • 表示されるべきでない「ファイル」「編集」の階層が表示される。
        • 「未読/既読」が表示されない。
      • メールに添付されているパスワード付PDFファイルを開いたときに表示されるパスワード入力画面に表示されるファイル名が正しくない。
      • かんたんキャビネットの文書をメールに添付しようとしたとき、その文書が他で同時に上書き保存された場合にDesk Naviが操作不能になる場合がある。
      • メールを引用ありで返信する際、引用部分に「返信対象のメールの差出人のメールアドレス」部分がない。
      • サムネイル埋め込み添付データ/WebURLショートカット/折りたたみブロック中の、文字・埋め込みの追加・削除/書式変更できない箇所が、操作出来たり、予期しないエラーになったりする。
      • タスク文書にPC文書以外から実体を埋め込むとき、セクション名/ファイル名に文字「.」(ピリオド)があると、タスク文書に表示される添付データ名に文字「.」から後ろの部分が反映されない。
      • タスク文書に埋め込まれているキャビネット/フォルダーへのショートカットのプロパティ画面で「リンク先の名前」が表示される。
      • 「?」のようなファイルパス名として使用できない文字を含むURLでWebURLショートカットを埋め込もうとすると、「添付データ埋め込み処理中」というメッセージが表示されたまま処理が終わらない。
      • 表の前後の文字と表を一緒に選択後、クリップボードの内容を貼り付けるとエラーになり、貼り付けできない。
      • 表の複数のセルをコピーし本文に貼り付けたとき、以下の問題が発生する。
        • 貼り付けたセルだけで構成される表として貼り付けられず、セル内のテキストのみが貼り付けられる。
        • その後、保存すると、予期しないエラーが発生する。
      • メール/タスク文書を表示してから表でポップアップツールバーを一度も表示していないとき、セル内の文字を選択後、ポップアップツールバーを表示し「上左揃え」などの「配置」ボタンを押しても動作しない。
      • 表の既に結合済のセルを含む複数のセルを選択したとき、メニュー「本文 > 表編集 > セル結合」や、ポップアップツールバーのボタン「セルの結合」が半輝度で結合できない。
      • 表のセルに必ず空白文字1文字が存在するが、その後ろに複数の文字を入力し書式を変更すると、先頭の空白文字1文字が削除されてしまう。
      • テキスト形式のメール中にURLが記載されている場合、URL中に「:![]*’」の文字があると、その文字から後ろの部分がタイトルに含まれない。
      • メール/タスク文書中のリンク先が存在しないUNC形式のハイパーリンクをクリックすると、ブラウザの「このページを表示できません。」というエラー表示が行われてしまう。
      • ハイパーリンクのタイトルの先頭から何文字か選択後、クリップボードの内容で置き換えた時、後ろの複数の文字が消える場合がある。
      • ハイパーリンクに指定できない形式の文字列が埋め込みできてしまう。

      ● ユーザーツールバー/ビルトイン機能/おしごとフロー

      • 旧製品をアップデートしてインストール、または、旧製品のデータを引き継いで新規インストールした後、インストール時と別のアカウントで使用した場合、「出力ツールバー(変更削除不可)」「変換ツールバー(変更削除不可)」に何もボタンが表示されない。
      • ビルトイン機能「印刷」や、機能「印刷」を用いたおしごとフローを、「自動用紙選択する」ONで実行しても、自動用紙選択されずに使用したプリンターの印刷設定の用紙サイズ・方向で印刷されてしまう。
      • ビルトイン機能「簡単ファクス返信」や、機能「クイックファクス送信」を用いたおしごとフローで、送信先のファクス番号に文字「 」(半角スペース)が含まれると、ファクス送信はエラーになり、その後、ファクス送信に使用した複合機から文字化けした紙が印刷される。
      • 「同じ名前のものとは別に処理対象を新規登録する」設定の機能「保存」を用いたおしごとフローを、保存先がファイル型キャビネット/PC文書にして複数回実行したとき、予期しないエラーが発生する場合がある。
      • 機能「保存」の設定画面で「指定済の保存/移動場所の一覧」で「上へ」「下へ」を押したとき、選択していたものは指示通り移動するが、選択位置が追随せず変わらない。

      ● 監視/引き取り

      • かんたんキャビネットを引き取り元/監視先とする監視がエラーになり、監視が止まる場合がある。
      • 監視設定画面で、入力済の名前が、監視先の選択画面で選択したフォルダーの名前で書き替えられる。
      • 監視先や引き取り元の選択画面で、設定「利用するアプリ」で指定した順序でアプリが表示されず、常にエクスプローラー、おしごとルームの順で表示される。

      ● アドレス帳

      • アドレス帳/メールの送り先/FAXの送り先画面を表示、または、これらの画面で表示するアドレス帳を切り替えたとき、アドレス帳の読み込みでエラーが発生しても、エラー表示が行われないためアドレス帳が空に見える。
      • Microsoft 365のアドレス帳の使用時、サーバーが混雑していて操作が受け付けられない場合のメッセージが正しくない。
      • Desk Navi使用中にRICOH Desk Naviアドレス帳タイプのアドレス帳のファイルをWindowsやPC文書から削除/別の場所へ移動後、同じ場所にアドレス帳のファイルをコピー/別の場所から戻してから、そのアドレス帳を表示すると、登録済のユーザー/グループが1件も表示されなくなる。

      ● RICOH File Writer

      • WindowsにASCII文字以外が名前に含まれるアカウントでサインインし、画像/PDF以外の形式のファイルを以下の操作で画像変換するとエラーになる。
        • ビルトイン機能「画像変換」や機能「画像へ変換」を用いたおしごとフローを実行。
        • Desk Navi以外のアプリケーションからRICOH File Writerを使って印刷。
      • RICOH File Writerの印刷設定で「イメージフォーマット」を「TIFFシングルページ」「TIFFマルチページ」、「圧縮の種類」を「LZW」にしてから、Desk Navi以外のアプリケーションからRICOH File Writerを使って印刷しても、生成されるTIFFファイルが未圧縮になる。

      [ V13.5.1.0 ]

      1. 動作環境の追加/変更

       特にありません。


      2. 仕様の追加/変更

       特にありません。


      3. 性能改善

       特にありません。


      4. 不具合の修正

      以下の不具合に対し、対策を実施しました。

      Ridoc Easy Sharing サービス

      • ツリーエリアでなく一覧で個人フォルダーを開いたとき、個人フォルダー以下のフォルダーやファイルに対し、メニュー「ゲスト共有」が半輝度で、ゲスト共有できない。

      その他

      • 簡単ビューアー(右に埋め込み/下に埋め込み)表示中の一覧で、なんらかの原因で一覧が最新の情報で更新されたとき、Desk Naviが予期しないエラーになったり、操作不能になる場合がある
      • 簡単ビューアー(右に埋め込み/下に埋め込み)表示中の一覧で、文書/ファイル/メール/タスクを選択後、選択が解除されるような操作(選択解除・選択したものを他のフォルダーへ移動/削除)を行うと、一覧が最新の情報で更新され、一覧がちらついて見えたり、スクロール位置が一番上になってしまう。V13.5.0.0のみで発生。

      [ V13.5.0.0 ]

      1. 動作環境の追加/変更

      • 対応機種にIM 2500/IM 3500/IM 4000/IM 5000/IM 6000を追加しました。
      • 動作保証するWindows 10 Home/Pro/Education/Enterpriseのバージョンを変更しました。
      • ・April 2018 Update (Version 1709), October 2018 Update (Version 1809), May 2019 Update (Version 1903)を削除します。

      • 対応ソフトウェアに一太郎2021を追加しました。

      2. 仕様の追加/変更

      以下の仕様追加や変更を実施しました。

      【Ridoc Smart Navigator文書管理サーバーまたは受信サーバー】

      • 接続設定を変更しました。VPN接続などUDP通信が制限されている環境でも、接続が可能になります。

      【メール】

      • ツリーエリアでのフォルダーの並び順をかんたんキャビネットの並び順と同様になるように変更しました。

      【ビルトイン機能/おしごとフロー】

      • Desk Navi上のファイルを弁護士ドットコム株式会社が提供する電子契約サービス「クラウドサイン」へ送信して電子署名の依頼を行い、電子署名済ファイルをDesk Naviへ自動でダウンロードするためのビルトイン機能「クラウドサイン電子署名依頼」を提供します。
      • おしごとフローに組み込む機能「保存」において、Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー内だけでなく、かんたんキャビネット(ファイル型)のキャビネット内/間でのファイル移動が可能になりました。

      【監視/引き取り】

      • 通知プログラムの起動時に30秒以上かかるとき、起動処理を継続するか確認するメッセージを表示します。

      【その他】

      • Windowsフォルダーの中のファイル・フォルダーを、Desk Navi のフォルダーの下に一括して登録できる変換取り込みツールが提供されます。
      • ツリーエリアの幅、セクション一覧の幅、簡単ビューアーのサイズを記憶するようにしました。
      • 簡単ビューアーの表示方法(右に埋め込み/下に埋め込み/独立/非表示)をキャビネット/ルームごとに覚えるようにしました。

      3. 性能改善

      以下の性能改善を実施しました。

      【Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー】

      • プロパティ表示中の簡単ビューアーの表示速度を改善しました。

      【メール】

      • POP3以外の通信方式の利用時、メールのコピーでのメモリ消費量を削減しました。サイズの大きな多数のメールを一度にコピーしたときのメモリ不足が起きにくくなります。
      • ごみ箱を空にするときのメモリ消費量を削減しました。サイズの大きな多数のメールが入っているごみ箱を空にしたときのメモリ不足が起きにくくなります。

      【おしごとルーム】

      • 多数の添付データを持つタスクの表示速度を改善しました。

      【その他】

      • タブを閉じる処理中や、進捗表示中、Desk Naviが自動で行う全文検索データ作成処理中、などのCPU負荷を低減しました。

      4. 不具合の修正

      以下の不具合に対し、対策を実施しました。

      【エクスプローラー】

      • 詳細表示で、フォルダーや文書の上にドロップできない。修正後は、そのフォルダーや文書が存在している場所へのドロップとなります。
      • Ridoc Smart Navigator文書管理サーバーまたは受信サーバー/Ridoc Easy Sharing サービスの文書をビューアーと簡単ビューアーの両方で表示しているとき、ビューアーで文書を更新しても、簡単ビューアーの表示が更新されない。
      • Ridoc Smart Navigator文書管理サーバーまたは受信サーバー/ドキュメントボックスの接続を解除しても、一覧の並び順や詳細表示の列幅の記憶が破棄されず、再度接続したとき、記憶している状態に戻ってしまう。
      • かんたんキャビネット(個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネット)/Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー/Ridoc Easy Sharing サービスでサムネイル表示で文書をドラッグ&ドロップで結合処理を行った直後、他の文書でコンテキストメニューを表示すると、結合処理のメニュー内容が表示される。
      • Ridoc Smart Navigator文書管理サーバーまたは受信サーバー/ドキュメントボックスの接続に時間がかかる環境で、かんたんキャビネットの画像ファイルを新しいタブで開く操作などが、遅くなる場合がある。

      【かんたんキャビネット】

      • 論理/仮想プロセッサ数の少ないPCにおいて、キャビネット/フォルダーを選択し新しいウィンドウを開くと、 新しいウインドウは開くが処理中であることを表す表示が消えず操作できない場合がある。
      • Wordファイルの登録、または編集後保存において、「{ファイル名}は編集のためロックされています。」と表示される場合がある。また、ファイル型キャビネットのExcelやDocuWorksファイルを編集後保存すると同様の現象が発生する。
      • ファイル型キャビネットの文書を更新モードで開いているときに、そのファイルを別の方法で更に開いて更新モードにすることができ、保存に失敗する。
      • ファイル型キャビネットの文書で移動/削除/編集結果の保存や、引き取りがエラーになりやすい。
      • ファイル型キャビネットにWindowsやPC文書から複数ファイルを登録するとサムネイルデータの生成に失敗する場合がある。
      • ファイル型キャビネットで、文書を上書き保存中に電源断などの原因でDesk Naviが異常終了した後、そのファイルが置かれているフォルダーを一覧表示するとDesk Naviが操作不能になる。
      • ファイル型キャビネットで上書き保存中にDesk Naviが異常終了した後、復元までの間にDesk Navi以外からそのファイルを変更していた場合は、Desk Naviの復元処理で変更内容が失われる。
      • ツリーエリアでファイル型キャビネットのあるフォルダーを選択しサムネイル表示時、そのフォルダーにDesk Navi外からファイルが登録され、Desk Naviで最新の情報に更新しても、登録されたファイルのサムネイルが表示されない場合がある。
      • 個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネットのある文書をビューアー表示しているとき、以下のビルトイン機能/おしごとフローを実行すると予期しないエラーになる。
      • - ビルトイン機能

         「印刷」「印刷(互換)」「PDFダイレクトプリント」「RTIFFダイレクトプリント」「ファクス送信」「簡単ファクス返信」「メール送信」「Ridoc Smart Navigator配信」「Interactive Whiteboard送信」「Clear Bookへ出力」

        - 機能「処理対象取得」と加工/出力機能を用いたおしごとフロー

      • 個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネットの文書がサムネイル表示されているときに、その文書が他から移動や削除されると、サムネイル表示のセクションめくりでDesk Naviが異常終了する場合がある。
      • 個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネットの文書で付せん設定画面を表示中に、その文書が他からごみ箱に移動された場合、付せん設定画面で「OK」ボタンを押すと、「ごみ箱に移動されている」メッセージが表示されるが、その後付せん設定画面で「OK」ボタンを押すと、Desk Naviが異常終了する。
      • 個人キャビネット/Ridoc文書型キャビネットの文書の上書き保存中にDesk Naviが異常終了した後、その文書の復元処理が行われる前に結合/分解すると、復元処理が行われないまま結合/分解されてしまう。
      • 簡単ビューアー(右に埋め込み/下に埋め込み)表示中の一覧に文書/ファイルを登録したとき、登録された文書/ファイルの簡単ビューアー表示が、2度行われる。

      【Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー】

      • ビューアーで更新モードを解除/ウインドウを閉じる/ビューアータブを閉じるなどした後、版を上げて保存時に「更新方法設定」画面がビューアーの裏に表示される。
      • 簡単ビューアー(独立)でプロパティエリアを表示中に、プロパティを編集し「適用」ボタンを押さずに次/前文書に切り替えたとき、簡単ビューアーに次/前文書の代わりに「表示するデータが存在しません。」と表示される。
      • 簡単ビューアー(独立)でプロパティエリアを表示中に、採番プロパティのある文書タイプに変更し、「採番」ボタンを押すとエラーが発生し、エラーダイアログを閉じるとDesk Naviが異常終了する。

      【Ridoc Smart Navigator受信サーバー】

      • 検索画面の詳細検索タブで単語帳ボタンを押すとDesk Naviが異常終了する。

      【Ridoc Easy Sharing サービス】

      • ビューアーで更新モードを解除/ウインドウを閉じる/ビューアータブを閉じるなどした後、「保存方法の選択」画面がビューアーの裏に表示される。
      • サムネイル一覧において新しい文書が追加されると、エラーが発生する場合がある。
      • サムネイル一覧においてドラッグ&ドロップで文書を結合して新しい文書が追加されると、サムネイルが表示されずにアイコン表示のままになる場合がある。
      • サムネイル一覧の表示の更新中に、他のフォルダーに表示を切り替えたり、最新の情報に更新したりすると、予期しないエラーが発生する。

      【PC文書】

      • PDFファイルが格納されているフォルダーを詳細表示すると、PDFファイルの数分、AcroRd32.exeが起動される場合があり、その結果、PCが重くなる。
      • ファイルを編集し、上書き保存時にエラーになった場合、ファイルをローカル保存する画面が表示されない。
      • ファイルを編集し、上書き保存中にエラーになったとき、復元処理を行われるが、アクセス権が復元されない。
      • WebページのタイトルやURLにWindowsファイルとして使用できない文字があるとショートカットが作成できない。
      • Webページのショートカットをダブルクリックしたとき、更新モードで開けないにもかかわらず「閲覧モードで開きますか?」と表示される。
      • デスクトップ以外へショートカット/rdnlnkファイル/rdntskファイルをコピー/移動しても問題ないが、デスクトップへはエラーになる。
      • Desk Naviを起動してから一度も一覧表示していないフォルダーにショートカットやWebURLをドラッグ&ドロップしたのち、そのフォルダーを一覧表示すると予期しないエラーが発生する。

      【メール】

      • Microsoft 365/Exchange Serverからのメールを自動で受信中に、新しいメールがサーバーに届いたとき、新着の通知が遅くなる場合がある。
      • Microsoft 365/Exchange ServerのメールをDesk Navi以外のメールアプリケーションで削除しても、Desk Naviの表示に反映されない。
      • Microsoft 365/Exchange Serverの受信ボックス内のメールをDesk Navi以外のメールアプリケーションでコピー/移動したとき、Desk Naviの表示への反映に時間がかかる。
      • 下書きメールを返信/全員に返信/転送できてしまう。
      • ビューアーで表示中のメールをアーカイブしても、ビューアータブが閉じられない。
      • ツリーエリアでのフォルダーの並び順がUNICODE順になっている。
      • フォルダーの下にサフィックス付き同名フォルダーが999件ある状態で更に同名のフォルダーを作成すると予期しないエラーになる。
      • メールアプリ外にメールをコピー/移動したとき、進捗画面のコピー元/移動元としてメールの親フォルダー名でなくメールの件名が表示される。
      • ツリーエリアでメールアプリを選択時、メニュー「メール > 受信」が表示されない。
      • ツリーエリアでアカウントを選択時、ツールバーの「受信」ボタンのツールチップに表示されるメッセージが正しくない。
      • 検索結果一覧画面で、メールアプリについて、簡単ビューアーの表示方法(右に埋め込み/下に埋め込み/独立/非表示)が記憶されてしまう。
      • 検索結果一覧画面で、メールのクリップマークにマウスポインターを合わせたとき、メールの件名でなく空のツールチップが表示される。
      • 2つ目以降のアカウントを追加後Desk Naviを再起動しないと、追加されたアカウントの名前がメール仕分けの移動先のフォルダーを選択する画面で表示されない。

      【おしごとルーム】

      • 簡単ビューアーでタスクを表示中に、そのタスクで使用しているタグの名前をタグ管理画面で変更しても、 簡単ビューアーの表示に反映されない。
      • 一覧でタスクの状態を変更したとき、何らかの原因で更新モードの解除に失敗したとき、更新モードに変更/コピー/移動/状態変更/エクスポートができなくなる。
      • タグ名入力画面の初期フォーカスが「タグ名」欄になく、入力した状態でEnterキーを押しても「OK」ボタンでなく「キャンセル」ボタンを押したとみなされてしまう。
      • 共有フォルダー上のルームにタスクを保存する際、共有フォルダーのサーバーとのネットワークが切れている場合、「予期しないエラーが発生しました。」と表示される。
      • 検索結果一覧画面で、タスクを選択したとき、ツールバーの簡単ビューアーの表示方法切替ボタンが簡単ビューアーの表示方法に応じた選択状態に変化しない。
      • 読み取り専用属性の付いたファイルを添付したとき、ルーム内で読み取り専用属性が付いたまま格納されてしまい、その添付ファイルの編集ができない。
      • タスクの添付データを編集し上書き保存しようとしてなんらかのエラーが発生した場合、ローカルに保存を促すメッセージが表示されない。
      • タスクに埋め込まれたショートカットの名前を変更しようとしてなんらかのエラーが発生した場合、「予期しないエラーが発生しました。」と表示される。
      • あるタスクの上書き保存中に電源断などの原因でDesk Naviが異常終了した後、そのタスクを上書き保存前の状態に戻す復元処理が行われる前にエクスポートすると、復元処理が行われないままエクスポートされてしまう。

      【画像/PDFビューアー  】

      • PDFで墨消しを確定すると、墨消しマークと重なっているPDF上のオブジェクトの見た目がおかしくなる場合がある。
      • 一覧でTIFFファイルをダブルクリックするなどして新しいタブで開き、更新モードにし、画像編集において、 画像範囲指定後Deleteキーを押すと、指定部分が削除されるべきだが、一覧で選択されている画像編集中のTIFFファイルをごみ箱に移動してよいかを確認するダイアログが表示される。
      • 画像編集において、画像範囲指定部分を移動し確定しないまま、ページ遷移等の範囲指定を確定する操作や編集の破棄を行うと一定時間操作不能になったのち、予期しないエラーになる。
      • 画像編集において、画像範囲指定部分を移動し確定しないまま、別のセクションに表示を切り替える、または別のタブに切り替えたり新しいタブを開くと、操作不能になる。
      • 画像編集において、画像範囲指定後、指定部分を移動し確定しないまま、ページを移動/削除する(やり直しを含む)と、別のページに指定部分の移動が確定される。
      • Ridoc Smart Navigator文書管理サーバーまたは受信サーバー/Ridoc Easy Sharing サービス/PC文書において、ダブルクリック時の表示手段が「アプリケーションで開く」に設定している場合、ビューアーではTIFF(PDF)ファイルを更新できないはずだができてしまう。
      • Ridoc Desk Navigatorなどの旧製品で直線図形を配置しているTIFFファイルをDesk Naviで編集したとき、始点と終点が変更されたり、矢印がおかしくなったりする 。
      • PDFファイル内のメディアボックスの座標が負の場合、PDF内のテキスト選択ができない。

      【メール/タスクビューアー】

      • 簡単ビューアーでメールを表示時、添付データ一覧でコンテキストメニューが表示されない。
      • ビューアーでメールを表示時、添付データ一覧で空欄を右クリックしたとき、正しくないコンテキストメニューが表示されてしまう。
      • 文字コード指定のないメールを表示すると予期しないエラーになる。
      • 改行を含むプレーンテキストを貼り付けたとき改行が失われる。
      • 文字を含んで選択している状態でなにかを貼り付けた直後のカーソル位置がおかしくなる場合がある。
      • 文字の書式(太字など)を変更したとき、書式を変更しようとした選択範囲はそのままで、選択範囲の前に選択範囲を含むテキストが貼り付けられてしまう場合がある。
      • 本文を「すべてを選択」し「切り取り」または「削除」した後、データを入力し、文字の一部と表または埋め込み添付データを選択している状態でなにかを貼り付けると、選択範囲内の表の枠や埋め込み添付データの表示の一部分が残ってしまう場合がある。
      • 表の2つ以上のセルをまたいでそれらの中身を範囲選択した状態で貼り付け実行できてしまう。
      • 小アイコン埋め込み/サムネイル埋め込み/WebURLショートカットで左クリックしても正しく選択状態にならなかったり、右クリックしても正しく選択状態にならなかったりコンテキストメニューが正しく表示されない場合がある。
      • 閲覧モード時に埋め込み添付データやWebURLショートカットを右クリックしてもコンテキストメニューに「コピー」が表示されない。
      • 表で上下または左右のセルを結合し解除すると、結合前より高さが広くなってしまう。
      • タスクで折りたたみブロックの新規作成直後にそのタイトルにIMEでひらがななどの入力を行うと、入力した1文字目が失われる。
      • タスクにPC文書のファイルを「ショートカットをサムネイル埋め込み」したとき、埋め込まれたショートカットにサムネイルが表示されない場合がある。

      【ビルトイン機能/おしごとフロー 】

      • メール送信や新規メール作成で不具合のあるOutlookを使用して、2セクション以上の文書や、2つ以上の文書/ファイルをメール送信しようとすると、Desk Naviが操作不能になる。

      【監視/引き取り 】

      • かんたんキャビネット/Ridoc Smart Navigator文書管理サーバー/PC文書から引き取りを行ったとき、引き取り対象の文書は完全削除されずに引き取り元のごみ箱に移動される。
      • PC文書の同じ場所から引き取りを行う監視設定が複数ある場合、タイミングによっては同じ文書/ファイルが複数の引き取り先に引き取られる場合がある。
      • かんたんキャビネット(ファイル型キャビネット)を引き取り元とする監視設定を行い、Desk Navi以外から引き取り元に登録されたファイルは、Desk Naviによる同期処理により登録されない限り、監視間隔が経過したり、手動監視を実行しても、引き取られない。
      • エージェントプログラムで通信が不正な状態になったときにメモリ使用量が少しづつ増えていく可能性がある。

      【アドレス帳】

      • アドレス帳でユーザー/グループの追加/編集/削除を行うと、「アドレス帳のデータを取得中...」の表示がアドレス帳だけでなくメイン画面にも表示される。

      【RICOH File Writer】

      • Ridoc Desk Navigator V4などの旧製品をアンインストール後インストールしたり、アンインストールせずにアップグレードインストールした後、外部アプリケーションからRICOH File WriterV4へ印刷してもエラーにならないが個人キャビネットに画像が登録されない場合がある。

      【インストール】

      • Desk Naviをインストール中にAcrobat Readerの自動更新などにより他のプログラムがインストールされると、VC++再配布パッケージのインストールに失敗するが、Desk Naviのインストールは成功する。 その後、Desk Naviは起動できない。

      【その他】

      • 最前面に画面を表示するアプリケーションと共にDesk Naviを使用しているとき、PC FAXの送信画面などがDesk Naviの画面より下に表示される。
      • ツリーエリアでフォルダーをクリック時にドラッグ&ドロップしたとみなされる場合がある。
      • ツリーエリアでフォルダーなどをドラッグしたとき、マウスポインターの先端とツリーでハイライトする行の位置がずれる。
      • ツリーエリアでアプリの間のセパレーターをドラッグしたとき、セパレーターとマウスポインターがずれる。
      • ツリーエリアでアプリを閉じているとき、アプリとセパレーターの間にすき間があく。
      • 一覧表示で、一度に表示しきれない件数のフォルダー/文書/ファイル/メール/タスクを選択し移動/削除/ごみ箱から戻すを行うと、選択していたものが表示から消え未選択のものは表示されるべきだが、何も表示されない。
      • 簡単ビューアー表示中の一覧表示で、ある文書/ファイル/メール/タスクを選択後、即、別のものを選択すると、元々選択していたものをドラッグ&ドロップしたとみなされる場合がある。
      • 詳細表示時に、水平スクロールバーが左端にない状態で最新の情報に更新すると、右端に勝手にスクロールする。
      • ある文書がサムネイル表示されているとき、別PCでその文書にセクション追加/削除を行った後、サムネイル表示でその文書のセクションめくりや表示セクション以外の付せんをクリックしても、セクション数の表示が更新されない。
      • 高解像度のディスプレイ使用時にサムネイルデータが生成されると、そのサムネイルデータを表示したときぼやけて表示される。
      • 元ファイルの実サイズを反映したサムネイル表示にならない場合がある。
      • 簡単ビューアー(独立)で文書/ファイルを表示している時、同じフォルダー内の別の文書/ファイルを他PCから削除後、一覧表示でこの削除された文書/ファイルを選択し簡単ビューアー(独立)で表示しようとすると簡単ビューアー(独立)に何も表示されなくなる。
      • 簡単ビューアー(右に埋め込み/下に埋め込み)表示中の一覧で文書/ファイル/メール/タスクを選択していない状態で、タブ/上/下/左/右キーを複数回押すとDesk Naviが異常終了する場合がある。
      • 簡単ビューアーの表示方法(右に埋め込み/下に埋め込み/独立/非表示)が記憶されない場合がある。
      • ビューアーで、セクションをアプリケーションで編集し、そのセクションを上書き保存したときセクション一覧で別のセクションを選択すると、元々選択していたものをドラッグ&ドロップしたとみなされる場合がある。
      • Desk Naviが動作しているPCにリモートデスクトップで接続し、一覧表示後にリモートデスクトップを切断し、再接続すると、一覧が正しく動作しなくなる。
      • Desk Naviが動作しているPCにリモートデスクトップで接続し、ビューアー表示後にリモートデスクトップを切断し、再接続すると、セクション一覧でドラッグ操作ができなくなる。
      • Desk Naviが動作しているPCにリモートデスクトップで接続し、監視設定画面表示中にリモートデスクトップを切断し、再接続すると、Desk Naviが異常終了する。
      • 共有フォルダー上に存在するかんたんキャビネット/おしごとルーム/アドレス帳を使用中にPCが自動スリープすると、長時間使えなくなってしまう。
      • UACが有効な環境で、Desk Navi以外のプログラムが管理者権限で特定名称のエンドポイントで名前付きパイプを使用している場合、Desk Naviを起動しようとすると予期しないエラーになる。
      • 設定画面を開いたとき、画面が閉じてしまう場合がある。
      • 階層の深いフォルダーを選択済の状態でフォルダー選択画面を開いたとき、エラーメッセージが表示されたりDesk Naviが異常終了する。
      • 試用期限の説明や最新版のダウンロード完了を表示するダイアログがメイン画面の裏に表示される場合がある。

      [ V13.4.2.0 ]

      製品リリース初回のリビジョンとなります

    商標について

    開く

    Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの登録商標です。

    上記のソフトウエアアプリケーションは各ソフトウエア会社の登録商標です。

    その他、記載されている社名や製品名は、各社の登録商標もしくは商標です。

    期限を超えて利用したい方は

    RICOH Desk Navi プレミアム版
    アップグレード